So-net無料ブログ作成

嘘がまかり通る日本 だーれも知らない? [知らないとやばい話]

 

128日、198回目の国会が開催された。

今回は、626日までの150日間となり、会期末に衆参同時解散選挙となる可能性もある。いままさに国会でもいざ波景気で緩やかに日本は、景気拡大をしてきているという嘘が、国会が始まったそうそうに安倍総理から発信されている。 
まったくの大嘘である。 
野党も安倍政権打倒とかではなく、「嘘つき政治家・嘘つき議員」撲滅運動を広めるべきである。

=自らの利益だけを考え売国奴に走るグローバリストを追放することに一丸となろう! 
政治的大問題が起きている時には、必ずと言ってマスコミ・メディアを使い誤魔化す。

今回もジャニーズ嵐問題がリークされる。

まさに、国民の目をそらすかのように!韓国・フランス・中国・ロシア問題。日本にいるグローバリスト政治家をこれ以上、国民に事実・実態を知らせたくないためにメディア規制をかけ終息させようとする動きがありあり。 
12101s.jpg

野党の真実・嘘のリベラルが目玉 
中国・韓国問題で待ったをかける親韓派・親中派議員を徹底排除=売国奴政治家 与野党に存在するゾンビ集団議員。 
入管法見直し・規制改正追加審議。 
ロシア領土問題も実行支配されてからでは、強気になれない。 
厚生労働省の勤労(賃金)統計問題+政治家の不正問題。

統計などの見せ方で行う印象操作が実は、デタラメ・誤魔化し・改ざんだった。雇用保険もすべてを減額にして支払うなど。2004年からの不正に誰が責任をとるのか? 
今国会ではいま日本が置かれている問題を明確にすること。 
国民の借金などなかったこと。 
すべては、政府が国から借りたもの。 
借金は、国民の借金ではない。政治家がグルになって作った大嘘であったこと。 
内閣府・政府の借金はどうやって国民に変換するのか?一般銀行に返済。 
日本銀行から借りたお金は、実質返済なし。 
財務省によるプロパガンダによる公共事業規制改革(二階俊博、菅義偉、麻生太郎)民主党政権時より公共事業規制。

国土交通省は何もやらずして、民営化を目指す。=豊かな国にはならない。景気は拡大なんかしていない。震災が起きた12年度だけ復興事業として予算を計上したが、財務省は、国民から税金をとりこれに当てている。まさに誤魔化し政府。 
2004
年以降、日本は「嘘がまかり通る国」に変質。金で解決すればいい。 
まさに、グローバリズム、グローバリストの問題。グローバリストにコントロールされた日産問題は、民間企業の中でこれ程、国絡みで利権の取り合いになってしまった企業はない。 
3国への技術漏洩に始まり、違法に投資・偽造隠蔽を行い誤った企業である。 

日本国、国民ファーストに繋げるには?ディープ・ステートらの排除。新党結成でどれだけの効果があるか? 
ガン治療の嘘が暴かれる。

OTA報告を改め利権治療の撤廃。ガン保険の見直し、医療問題。 
明らか政治家の利益利用アイヌ法撤廃菅義偉官房長官がつくったアイヌ政策。

これこそ、売国奴。多民族国家に国を売り渡す悪質なやり方、絶対にゆるさない! 
日本における太平洋戦争の嘘 
戦後73年を迎え、日本は太平洋戦争を侵略戦争と認め、敗戦国犯罪国家であることを認めさせられてきた。しかし事実は違っていた。1946年マッカーサーは、アメリカ議会で日本の戦争は、安全保障上やむを得ない状況で起こったものであると発言したことが最近公表された。 
同時は、アジア諸国のほとんどが植民地支配されており、日本は、軍があったことから、独立国と認められていたが、石油が取れなかったことを理由にアメリカがこれをストップさせ、日本を植民地にしようとしたことが始まりである。 
1946
年(昭和21年)53日、東京。 
元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと連合国軍最高司令官マッカーサーは「太平洋戦争とはいったい何だったのか」を3日間にも渡って話し合った。 
そのとき、日本人なら誰も思いもしないようなことをフーヴァーは口にした… 
「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、日米戦争を起こさせた。気が狂っていると言っても精神異常なんかじゃない、ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかったその欲望の結果が日米戦争になったんだ」 
その言葉を聞いて、マッカーサーははっきりと同意した… 
私たち日本人は、小さい頃から「日本が真珠湾を宣戦布告もなしに攻めて戦争を起こした」「日本は残虐な悪い国だ」ということを新聞でも、テレビでも繰り返し教わってきました。でも、今から数年前、我々が耳にしてきた太平洋戦争の常識とは真逆とも言える証言が、47年公開を禁じられたフーヴァー元大統領の回顧録から次々と浮かび上がりました。 
ハル・ノート、原爆投下、終戦アメリカではこの証言をもとに、歴史の見方が、世界の見方が少しずつ変わり始めているのに、日本の大手メディアはいっこうにこの事実を大きく取り上げてくれません。太平洋戦争に隠されたその大嘘の数々とはどのようなものだったのか? 
今こそ、日本政府は真実を明らかにして、歴史を改めるべきである。 
アジア諸国を開放したのは、日本が奪い取った結果である。反日本人ができた背景には、日本の戦後教育が問題となっている。日本は、悪い国、卑劣な卑怯な国と教えてこまれた結果、反日が日本、アジアに生まれてしまった。だから、慰安婦問題も事実とは違った韓国の捏造によりできた問題であることを明確に示す必要が日本政府にはある。軍がなければ日本は、再び戦争に巻き込まれることになる。独立国家として再出発する為に、自衛隊を自国を守る上での国防軍として認め、アメリカ基地を撤退させる必要がある。9条の3項に、自衛隊を自国を守る上での限定の国防軍の地位を認め、基本を防災、復興事業を展開ものと明確にするのは自衛隊活動からも、職業人格を認める上でも必要であるように思います。 
前提は、太平洋戦争の嘘と真実を国民にオープンに示すことが必須である。 
youtube front japan 
さくらなど参照 


日産違法問題 

西川CEO.png

また出た!社員が呆れる箝口令! 
実は、日産では、よくあることです。会社の都合で正社員以外とは話をするな!他部署は、話をするな!とか他社の人には合わないこととか?会社として??? 
明らかに異常な箝口令が時々出される会社です。こんなことをやればやるほど、内部告発は、とまらないのでは? 

2019124日(木)発売の「週刊文春」

日産及びカルソニックカンセイの検査不正問題のほか、特捜部も注目するゴーン氏の妻・キャロル夫人について詳報している。 
日産自動車とカルソニックカンセイ社との間で取り決めた難燃性試験の実施に不備があったものであり、カルソニックカンセイ社と調査・再発防止を社内関係部署にて実施しております。 
2018
10月に国土交通省へ確認した事実を報告しております」カルソニックカンセイとは、日産自動車系列で最大手の部品メーカーだった会社。ゴーン氏が打ち出してきた系列解体の影響で、2017年に日産系列から離脱したものの、今でも売上高の8割超を日産グループ向けが占めている。 
日産もカルソニックカンセイもこの検査不正問題を公表しない理由についてはノーコメントのようです。 

goon.jpg

まだまだ違法・隠蔽工作してますね。 
ゴーン被告の「捜査は適切」=菅官房長官1/28 
 
菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、マクロン仏大統領がルノー会長兼最高経営責任者(CEO)を務めたカルロス・ゴーン被告の長期勾留に懸念を示したことに関し、「刑事事件の捜査は、独立性の高い捜査機関により厳格な司法審査を経て適切な手続きの下で行われている」と述べ、問題ないとの認識を示した。一企業の問題とせずのコメント異例 

日産の悪質な情報は、

jmiu-kngw2@dream.jp

まで!組合です。

nice!(224)  コメント(1) 

nice! 224

コメント 1

Baldhead1010

今の野党の体制では、とても政権は倒せない。

野党までもが保身に走っている。
by Baldhead1010 (2019-02-04 04:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。