So-net無料ブログ作成

さくら・サクラ・桜 平成はたいらに!日産は残念ながら失態を残した。 [あきらか圧力]

5月より248番目の新たな元号「令和」が始まります。れいわ:reiwaそのうち慣れるでしょう。


013s.jpg



問題は、この元号に文句を言う輩である。自民石破・野党議員ら?そんなに、この国・内閣が嫌いなら議員辞職すればいい。そんなことより4月から始まった入管法の心配をすべきでは?まずは、在日違法外国人の取締りの強化をすべきである。


007s.jpg


002s.jpg


005s.jpg


001s.jpg


 


48臨時株主総会とゴーン氏4回目の逮捕


臨時株主総会前に、ゴーン氏が再逮捕11日の会見阻止の疑い?臨時株主総会を開いてゴーン氏との関係をなき者に!イメージ戦略を図ろうとしているのが見え見えです。


016s.jpg


024s.jpg


020s.jpg


*今回の問題は、日本政府がアメリカにカルロスゴーンのお金の流れについて、調査協力を要請したことで、ゴーン氏の私的流用の事実が明かされていること。


これはどう言う事なのか?


そしてフランス・日本の中で日産・ルノー企業間および政府間の話し合いを行なっていること。


010s.jpg


008s.jpg


004s.jpg


 


*日産株主の皆様は、今回の一連の騒動に対しなぜ?声をあげないのでしょうか?問題は、ゴーン氏だけではない!過少申告、有価証券報告書偽造は、日産の役員たちが行なった違法です。


 


*マスコミによる「報道しない自由」の裏には何があるのか?


政治力・スポンサーである権利行使か?


 


違法の責任は、現在の役員たちにあります。


 


*日産が本当にガバナンスを強化するというなら、現在の役員たちを改める必要があるのではないだろうか?労働者差別・いじめなどの問題は、国連で訴えた方がいいというお話もありますが、海外を含め検討中です。


日本のマスコミは政府の言いなり!


日産・三菱による政党助成金(企業献金)は年々膨らんでいる。違法のたびに、毎年さらに・・・・・


ルノーは、もちろんのこと、日産グループをルノー連合としてフランスの基幹産業にしたい。


ここで何が問題になるのか? 


 


日産幹部は・・・・受け入れたくない。


 


・・・S官房長官に司法取引の相談。・?・アメリカへ調査依頼 もちろんタダではない


 


政党助成金は外資系企業からは受けられない!


もし、正式に日産グループがルノー連合入りとなれば・・・・献金は違法となる・・・・法律改正?


 


とりあえず・現状維持を進める政治家と日産幹部の考えが合致した。


 


結局変わらぬ、労働問題。


外国技術就労違法・労働者差別やいじめを行い、人手不足という呆れた社長コメント。


日産自動車にはガバナンスなんてあり得ない。そもそも解決する気持ちなどないらしい。


いずれにせよ!役員ら自らの利益と保身だけである。


日産の43.4%の株を所有するルノーにとって日産-三菱の販売増は、国内のルノー株主にとっては、何よりも代え難い金のなる木となる。


 


更なる利益は、統合することでアップはするが??


フランス政府は、基幹産業の充実を図りたい!中国との関係なども??・


ルノー連合を求めている。ルノー株主は日産が利益を上げてくれれば、どちらでもいいけど最終的には、フランスの企業に!


 


2014年以降ルノー傘下の日産は、筆頭株主であるフランス政府の圧力により中国依存度を高め日本の政治家と組み日本を食い物にしているのも事実である。中国へのEV技術の流出!あ〜あ!


 


とりあえず、ゴーン氏を犠牲にして技術の垂れ流しなど負の遺産を誤魔化して、時間稼ぎを!本当に悪質なグローバル企業である。


 


2016年、アメリカトランプが誕生したことにより、多くの嘘が世界中でフェイクニュースという形で発覚しはじめた。


日本でも、朝日新聞の偏向記事・地上波大手テレビメディアの嘘が暴かれ、ネット回線による告発や真実を問う番組が発信されてきた。最悪なのは、報道しない自由を貫く大手メディア・マスコミ。


 


2019年に入り74年前のあの大東亜戦争の真実も明らかになってきた。大東亜戦争は侵略戦争ではなく自国防衛のための戦争。日本の人種差別撤廃に対するアメリカ白人社会が起こしたルーズベルト大統領によるライフライン制裁・報復による戦争だったことを今こそ、明らかに!馬淵睦夫さんのYouTube「今一度学びなおす」を参考に真実を知りましょう。


 


平らな年代=平成31年間 良くも悪くも平らな31年。


日本政府は、1989年平成に入り、31年にわたり、国民を騙しに騙してきた。1989年は、竹下登首相がリクルート事件、消費税の逆風に耐えられず辞任。90年代は毎年のように首相が変わっていく。横浜みなとみらいコスモクロックが誕生した年である。また、女子高生コンクリート詰め事件が起きた年、


特に2001年からの小泉構造内閣は、まやかし・誤魔化し・カネのためなら国民を裏切り売国奴になりさがる。


 


アメリカだけでなく、中国にまで領土を安易に差し出す日本政府と国会議員は異常としか思えないほどのめちゃくちゃぶりであった。


同じ時期からメディアが騒ぎだした左翼、右翼なんて今や時代遅れ。まったくのイカサマ。現実には、一部国会議員らが、海外グローバリストと裏で手を組みリベラル・共産思想らと取り引きをして売国政策を築きあげてしまっただけである。圧力・忖度・権利行使三権分立の崩壊と政府の圧力による司法の崩壊はめざましいほどである。


 


今の若者は、国会の必要性にも疑問を持っている人が3割いるようです。


国会では農業改革・水道法民営化・種子法廃止・入管法など売国政策を含め、未だにくだらん安倍降ろし、誹謗中傷・親中・親韓議員による時間つぶしが行われている。


世界中で、リベラル・共産主義によるグローバリストを世界から排除することが求められているのに、未だ日本国内では、小泉進次郎・二階・菅・麻生・岸田など自民党売国政治家による立憲民主党・国民民主党が裏では手を組み。


 


市民レベルでは、立憲・共産らが共闘する呆れた対応と行動を繰り返している、日本も世界秩序にならうべきである。共産主義(中国共産党)との取引をやめること。利権とカネのために国民を犠牲にする政治家の排除・国民ファースト。


日本には、新たな基幹産業が必要である。いま日本に必要なのは、ロボット産業や軍事産業の開発と産業化。


新たな時代は、利権からの脱却!リベラル社会主義の排除!


水力発電エネルギーをはじめとするエネルギーの見直しではなかろうか?


014s.jpg


 


水力発電が日本を救うー今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる


水力発電の出力(233000kW)が火力発電の出力(229000kW)を超える。これは、1912年の日本のエネルギーの状況を表す記事である。日本に求められているのは、エネルギーの見直しと国防であり、戦後74年、世界中が混沌とした時代におかれている今こそ、新たなエネルギー産業を考える時代にある。各国の選択一つで、間違いが起こりつつある現在。


自衛隊の業務と地位を憲法で明記し災害や外国から領土・国民を守ること。


そのためには、未来に向け自衛隊の人員を倍増させること。


それには、警察並みの待遇改善も必須防衛整備の整理が必要である。


国内外における日本人トラブルに関し、政府・外務省は、率先して日本人の人命を守り救出に努めること。そして日本の地形を活かしたエネルギー産業の見直しが必要となる。


nice!(237)  コメント(0)